痩せていない

5年超も絶食を続け、ニコニコ動画等でも人気になったダイオウグソクムシの「No.1」が亡くなったことについて

死因究明の為に解剖が行われたとのことが飼育していた鳥羽水族館の飼育日記ブログで報告されました。

 

ブログのタイトルは「ダイオウグソクムシNo.1の解剖(画像注意)」もしも読みたいという方がいましたら、解剖写真が掲載されていますのでご注意を。

しかしダイオウグソクムシの体内って初めて見ました。深海生物だからすごく複雑でグロテスクなのかと思いましたが案外シンプルなんですね。体の大半が胃でしたよ。

 

しかし、丸5年餌を食べず絶食6年目に突入していたNo.1ですが、入館時の体重が1040グラムだったのに対し、死亡時の体重は1060グラム。

おや?食べてないのに全然痩せていない…? ブログでは、「胃を含めた消化管全体に炎症、変色部位は認められず、これまで解剖したどの個体よりも状態が良いように見えました」「これまでの個体と比較しても特に軟組織の削痩は認められませんでした」と解説されており、No.1の死因は餓死ではない可能性があるとのこと。

もしも病気が原因だったとしたら、病気にならなければまだまだ生きていられたという事ですかね。恐るべし生命の神秘…!

 

他にも、空気に触れるとゼリー状になる液体等、興味深い写真がたくさん掲載されています。もしも見たいという方はぜひぜひ