ジダン

地元クラブ、アル・マスリでユース時代を過ごす。既にその卓越したテクニックを噂されていた彼はデンマーク・スーペルリーガの1部に所属するABコペンハーゲンに引き抜かれ、コペンハーゲンの地から欧州挑戦を始める。ここでは4シーズン在籍して12ゴールをマークしたが、2003-2004シーズンには同じリーグのFCミッティランドに移籍。ここでチャンスを掴んだジダンは19得点を挙げてリーグ得点王に輝き、「もうひとりのジダン」として少しずつ欧州の注目を集め始める。

2004-2005シーズンに入っても快調に得点を重ね続けたジダンにはその冬、ヴェルダー・ブレーメンからのオファーが届く。しかしミロスラフ・クローゼやイバン・クラスニッチと言ったブンデスリーガを代表するストライカーたちの間に割って入るまでには至らなかった。2005-2006シーズンの冬、ジダンは出場機会を求めて残留争いの直中で喘ぐブンデスリーガの小クラブ、1.FSVマインツ05にレンタルで加入する道を選ぶ。