板チョコの謎

コンビニなどで板チョコを買う人いますか?結構自分は買いますよ。

板チョコって、溝がありますよね。3行ずつくらいになってて、横にも何列か…。でもあれに沿って割っても綺麗に割れないですよね?この形に割りたいのにまた斜めに…!って。

しかし、衝撃の事実が…板チョコの溝は、チョコをきれいに割るためのものではなかった―。

 

この衝撃的な事実は、ネットへの書き込みで明らかに。なんでも「板チョコの溝は型から出しやすいように作られたものであって、溝に沿って割るためではない」というもの。対するコメントでは、「知らなかった!」「どうりできれいに割れないわけだ」といろんな人が驚きの声をあげていました

しかし中には別の意見を上げる人も…。実際のところ、溝はなんのために入れているのでしょうか。「ガーナミルクチョコレート」のロッテと「明治ミルクチョコレート」の明治、それぞれの広報担当者さまが語ってくれました。

ロッテでは、チョコを早く冷やして固めるために溝を入れているそうです。溝を入れることでチョコと型の接する面積が広くなり、熱が逃げやすくなるため早く固まるのだとか。

明治の場合は理由が2点あり、ひとつはロッテ同様チョコを速く固めるためと、もうひとつはチョコを型から取り外しやすくするためだとのこと。

 

つまり割りやすくするとかいう事はなかったんですね!

あれ毎回三角みたいな形に割れるから「あぁ、自分は不器用なんだ」「へたくそなんだ」と思っていましたが、そんなことはなかった、というわけですね!これでいちいちヘコまずに済みますね!やった!