折田先生像

京都大学の構内に2月25日、入試シーズンの名物となっている「折田先生像」が登場しました。今年は、森永製菓のマスコットキャラ・キョロちゃんの姿をしています。

また京大がやってくれたぜ…という感じでしょうか。分からない方の為に解説を

折田先生像とは、京都大学の入試シーズンに毎年出現するハリボテの像。元々は、旧制三高(現京大)の初代校長・折田彦市氏の功績を讃えるものだったのですが、本物の像は落書きが相次いだことで1997年に撤去されてしまいました。太陽の塔にされたりセーラームーンにされたりモアイにされたり…。

それ以降、有志の手によりハリボテで作ったいろいろなキャラが設置されています。

北斗の拳のラオウだったりナウシカだったりゴルゴだったり…とにかく「自由(すぎる)校風」という事を前面に表わしています。

 

今年のキョロちゃん像について、隣にあるボードには、「折田彦市先生は、おもちゃのカンヅメの使者として子どもたちに夢を与えることに尽力し、京大にクエックエックエ~な学風を築くために多大な功績を残した人です。どうかこれ以上太らせないで下さい。エンゼル」と書かれています。なんのこっちゃ。

その他にも、エビフライのハリボテが登場したりとまさにカオスな状況だったそうです。流石だぜ…。

 

ここまではっちゃけた大学って聞きませんし、ちょっと来年とかも楽しみですよね。