まくら投げ専用枕

代々、修学旅行の夜に行われてきた「まくら投げ」に専用の枕があるそうです。

「まくら投げ専用枕」は、まくら投げのために開発され、遠くまで投げやすく、また当たっても痛みを感じづらいように設計されている。

あの、誰もがやってそうでやってない、でもやったことある人はその後ものすごく怒られることが多いという伝説の競技「まくら投げ」が、これで心置きなくできるというわけです!

 

枕の中素材は、適度な重みと柔軟性があるクラッシュラテックス素材を使用。なんですかそれ。

「適度な重みがあることにより、枕が投げやすく、遠投距離も伸びるようになっています。枕の生地も伸縮性のある生地を使用。そのことにより、人の体に当たった際の圧力を分散し、衝撃を和らげます」とのこと。分かったような分からないような。

飛んでくる枕が認識しやすいよう枕のデザインをグレーと白のボーダー柄にしたほか、けがの原因となるファスナーやネームタグなどの装飾をなくすなど、安全性も考慮されている。はぁ。

 

何を言っているのかわからないですが。全日本まくら投げ大会でもこの専用枕が使用されるそうです。全国のアスリート達は肩を温めておきましょう…。