河川敷の殺人事件関係者出頭

埼玉県の河川敷で井上翼さん(16)の遺体が半分埋められた状態で見つかった事件。遺体は上半身が裸、下半身は地面に埋められていたという。
この事件に関与した少年が、昨日午前2時、父親に連れられて警察に出頭した。
警察によると、少年と父親は東松山警察署に出頭し、自分が関与したという旨の供述をしているとのこと。少年はしたを向いて座っていたが、警察の質問に対しては素直に答えたという。小さな声で落ち込んだ様子だったという。
これまで報道されていた、井上さんの知人が「人を殺した」と話していた知人なのかは不明だが、他の少年とも合わせて取り調べを受けているという。
少年らは10人ほどのグループで、今は解散しているとのこと。少年らはお互いをかばいあって辻褄が合わない話も多く、警察は苦労しているという。
供述によると遺体は死亡してから埋められたそうだ。解散したというグループで一体なにがあったのだろう。かばいあっているというが、その気持ちを少しでも井上さんに向けられなかったものか。

千葉県佐倉市民家に遺体

千葉県佐倉市の民家で24日の午前9時半ごろ、布団の中で亡くなっている母(83)を、同居している長男が見つけました。
連絡が取れなくなっていた次男が何らかの事情を知っているとみて探していましたが、24日の午後3時半ごろ、民家から1.5キロ離れた浄水場の取水口付近で、次男が亡くなっているのが見つかりました。
2人とも目立った外傷はなかったそうです。
一体2人に何があったのでしょうか。
亡くなった経緯などは、現在捜査中とのことです。
毎日ニュースを見ていると、殺人などのニュースが流れない日はありません。
人が亡くなることは簡単なことではないですし、悲しいことです。
殺人も無くならないのかと思うと、難しい世界です。