アレルギー、体内時計で緩和

山梨大医学部の中尾篤人教授らの研究グループは、1日周期で体のリズムを刻む「体内時計」に作用する物質を使い、花粉症などのアレルギー症状を和らげる仕組みが人やマウスの細胞実験で分かったと発表した。中尾教授は「治療薬の開発に向けて前進した」と話しているとのこと。
花粉症は、目や鼻の粘膜などにある免疫細胞が花粉に反応して症状が出る。特に、くしゃみや鼻づまりなどアレルギー疾患の多くは、昼に軽く、夜間や朝方は重くなる傾向にあると言われている。
この変化について中尾教授らはこれまでの研究で、免疫細胞内で体内時計を動かすたんぱく質が関わっていると突き止めていたという。このうち一つのたんぱく質が減ると症状が悪化することも知られており、中尾教授らは今回、このたんぱく質を分解・減少させる「カゼインキナーゼ」の働きを抑える物質をマウスに与えたそうだ。
米国の製薬会社が不眠症の治療薬を作る家庭でできた化合物の一種で、マウスに投与すると「くしゃみ」や「鼻かき行動」などの症状が軽くなり、人間でも花粉症患者の免疫細胞を採取して同様の実験を行った結果、症状が和らぐことを示す反応が出たという。体内時計が夜から昼に切り替わったためとみられている。
中尾教授は、アレルギー疾患にも効果がある可能性があるとして、この製薬会社と実用化に向けた準備を勧めているとのこと。中尾教授は「これまでとは違い、新たなアプローチの治療が可能になる」と期待しているという。
体内時計を切り替えることで何か副作用は起こらないのだろうか…?