陰謀

「陰謀」論という呼称は、その呼称の対象となった論説に対して、虚偽ないし風説にすぎないと強調し印象付ける意図で使用される場合がある(レッテル・ラベル)。ここでは、この呼称の利用者の意図や目的が問題となる。

通説とされる論説、陰謀論とされる論説のいずれにおいても、検証の過程を省略あるいは操作して、権威主義または反権威主義、ポピュリズム、あるいは、倫理観、または、自由・平等・国際協調といった理想的概念、感情(恐怖、怒り、民族感情、国家意識から個人の自己愛まで)に対して訴えかける方式の論説であるときは、それはプロパガンダである可能性がある。

陰謀説という言葉自体が、比較的新しいものであり、情報の拡散が招いた事の一つだと思う。

田村銀之助

安政3年(1856年)、誕生。磐城平藩出身。

田村銀之助は、69才まで生きた。その時代にとっては長生きした方なのではないか。

慶応3年(1867年)に兄の田村一郎・田村録四郎らと共に12歳で新選組に入隊し、隊士としてではなく、局長近藤勇や副長土方歳三附属の小姓として所属した。戊辰戦争が勃発すると、新選組に従い鳥羽・伏見・流山を経て会津へ渡るが、若年だったため戦闘(会津戦争など)には参加しなかったという。

旧幕府軍が仙台で榎本武揚艦隊と合流すると、共に蝦夷地へ渡った。箱館政権(蝦夷共和国)では、陸軍奉行並土方歳三に所属する榎本総裁附きの小姓となり、また陸軍隊隊長春日左衛門の養子となる。箱館戦争中も非戦闘員として扱われ、通訳の田島応親よりフランス語を学ぶ。明治2年(1869年)5月11日に土方歳三、12日に春日左衛門がそれぞれ戦死すると、総裁榎本武揚や陸軍奉行大鳥圭介らに本営五稜郭からの脱出を勧められるが、断固として拒否した。

その後は明治政府に出仕し、陸軍士官として西南戦争などに参戦、開拓使も勤めた。大正9年(1920年)に史談会に出席。戊辰戦争時の談話を残す。

アメスピ愛好家

アメリカンスピリットを吸う人は結構いる。

著名なところで、ライトだけでもざっと下記のメンバーが愛煙している(いた)そうだ。

薫 (DIR EN GREY) – ドキュメント映像で喫煙シーンを確認。Tシャツを所持。
大森南朋 – 映画「ハゲタカ」でも喫煙シーンがある。
大竹一樹
岡村隆史 – 現在は禁煙。
金村義明
奥田民生
浜田雅功
堺雅人 – 現在は禁煙。
今井茂雄
日村勇紀 – 現在は禁煙。
宮川大輔
金田哲
村上健志
中河内雅貴
馬場徹
井本貴史
浅井健一

ロードアイランド州

独立時の13州の1つである。全米50州の中で面積最小の州であり、日本における滋賀県と同程度の面積である(滋賀県の面積の大きさは日本国内の47都道府県中38番目と小さい)。

Little Rhody(リトル・ローディ)という愛称を持つ。より一般的な愛称は、地形的な理由、すなわち、州内の陸地の奥深くまでナラガンセット湾が入り込んでいることから、観光用パンフレットでよく使われる The Ocean State であり、これは自動車のナンバープレートにも記されている。人口は50州の中で第43位だが、人口密度はニュージャージー州に次いで第2位である。

西はコネチカット州に、北と東はマサチューセッツ州に接しており、南西のニューヨーク州ロングアイランドとは海上の州境がある。

ジダン

地元クラブ、アル・マスリでユース時代を過ごす。既にその卓越したテクニックを噂されていた彼はデンマーク・スーペルリーガの1部に所属するABコペンハーゲンに引き抜かれ、コペンハーゲンの地から欧州挑戦を始める。ここでは4シーズン在籍して12ゴールをマークしたが、2003-2004シーズンには同じリーグのFCミッティランドに移籍。ここでチャンスを掴んだジダンは19得点を挙げてリーグ得点王に輝き、「もうひとりのジダン」として少しずつ欧州の注目を集め始める。

2004-2005シーズンに入っても快調に得点を重ね続けたジダンにはその冬、ヴェルダー・ブレーメンからのオファーが届く。しかしミロスラフ・クローゼやイバン・クラスニッチと言ったブンデスリーガを代表するストライカーたちの間に割って入るまでには至らなかった。2005-2006シーズンの冬、ジダンは出場機会を求めて残留争いの直中で喘ぐブンデスリーガの小クラブ、1.FSVマインツ05にレンタルで加入する道を選ぶ。