タンポポ在来種が都市で増えている?

大阪府内で近年、タンポポの在来種が徐々に増えているそうだ。研究者らでつくる「タンポポ調査・西日本実行委員会」の調査で分かったという。都市開発で自然が減った影響で、これまで繁殖力の強い外来種が勢力を伸ばしてきたが、開発地区でも自然が回復しはじめ、在来種が育つ環境が戻りつつあるという。西日本の計19府県でも調査しており、3月に結果を公表するとのこと。
タンポポ調査は府内で1975年から5年ごとに実施。小中学生らに協力してもらってタンポポを採取し、カンサイタンポポなどの在来種か、セイヨウタンポポなどの外来種かどうかを判別し、占有率を調べているそうだ。2010年以降は西日本全域に調査範囲を拡大。昨年の府内の調査では子どもたち約2000人が3~5月、計8131地点で採取したとのこと。
実行委によると、在来種は繁殖するのに受粉が必要だが、外来種は受粉せずにめしべが熟し種子になる。種子の数も多く、繁殖力は強い。在来種は虫が媒介して受粉するため、虫が集まるような環境がないと生息できないそうだ。
府内全体の外来種の割合は75年は36%だったそうだが、開発が進むに伴って都市部だけでなく郊外にも外来種が広がり、05年には70%まで増えた。だが、古くからあるニュータウンで時間の経過とともに自然回復し、在来種が育つ環境が整ったことなどから10年は69%、昨年は65%と減少に転じたという。
1985年には外来種ばかりだったが、2005年の調査でススキやチガヤなどの在来の草木が確認されるようになり、10年以降は草木の下などにタンポポの在来種が目立つようになったという。草木の種類が増え、虫が戻ってきたところに周囲の雑木林や水田から種が飛んできて定着したと考えられるという。
在来種は日陰にも強い。虫が集まるような自然が回復したことで、勢いを盛り返してきたのではないか、ということらしい。自然が回復してきているというのは良い傾向ではないだろうか。

大きすぎて絶滅した類人猿

10万年前に絶滅した類人猿ギガントピテクスは、名前の通りかなりの大きさで身長3メートル、体重500キログラムだった。
動物にとって、大きいということは生きる為に有利である。捕食者に食べられにくく、より広範囲で食料を探すことが可能だからだ。中国南部の熱帯雨林で600万~900万年にわたって生息していたが、今から10万年ほど前更新世の後期に絶滅したとされる。絶滅の原因は、気候の変化に体の大きさがついていけなかったことであると、最近の研究で分かった。
ドイツのテュービンゲンの大学のエルベ・ボヘレンス氏は「ギガントピテクスは、その大きさゆえに大量の食料に依存していたと考えられます。更新世の間に、多くの森林がサバンナの草原に変化していきました。巨大な類人猿にとって単純に食料供給が不十分だったのです」と語る。
果実を食べていたギガントピテクスは、新しい環境での主な食糧源の草や根、葉には適応できなかったという。体が少しでも小さければ何とか生き延びられたかもしれないが。
「この巨大な類人猿の親戚には、オランウータンのように特定の環境に特化しながらも生き延びたものもいます。代謝が遅く少ない食料で生きられたからです。」と、ボヘレンス氏は続けた。
ギガントピテクスの繁栄と衰退は、体の大きさによって得られる見返りがやがて消えゆくことを意味するという。
米ボールダー大学のコンピューター科学者で、化石記録から動物の体の大きさを研究しているアーロン・クラウセット氏は「大きいことは短期的に利点があるものの、長期的にはリスクも伴います。大きいほど子供の数が減る傾向があります。つまり個体数が減り、環境変化に対して敏感になります。」
クラウセット氏は、大きい種ほど絶滅率が高いことを発見した。ギガントピテクスやオオナマケモノのような巨大動物が現存しないのはそのためだと。すべての種にはそれぞれに見合う大きさの限界があるという。
「哺乳類は温血動物のため、代謝が大きく摂取したエネルギーの多くを熱に変換するからかもしれません」とクラウセット氏は続けた。
このため恐竜だけはこの限りではないとされる。隕石によって絶滅するまでの間、その巨体を反映を維持していたのだから。
これが、3メートルもの類人猿の絶滅の理由だ。同じ哺乳類である象は今も大きいまま種を残している、食料の違いでこうも差が出るとは面白い話である。

「一発屋総選挙」、初代王者は髭男爵

真の一発屋芸人を決める「第1回一発屋オールスターズ選抜総選挙2015」が8月10日、東京の新宿にあるルミネtheよしもとで開催された。
記念すべき初代王者に選ばれたのは、髭男爵。めでたく?一発屋の頂点に立った。
獲得票数が1万5366票と発表され、会場から大きなどよめきが起こると、山田ルイ53世も「なんで!?そんな人気があるタイプじゃないでしょ・・・。」と困惑の様子を見せた。
ダンディ坂野、テツandトモといった、優勝候補を差し置いての首位獲得に「このメンバーを前にして1位というのは、おこがましいというか・・・」と恐縮しきりの様子だった。
周囲から「貴族票では?」と声が上がると「貴族を続けていてよかった」とにっこりした。

Facebook技術責任者がFlash終了を促すツイート

Facebookの最高技術責任者Alex Stamos氏は、先週末にかけて投降した複数のツイートで、動画やゲームに使用されている人気の高いウェブプラグイン「Flash」の提供を修了すべきだと述べたそうだ。Stamos氏は6月末に、米YahooからFacebookに移籍した。
「Adobeは、Flashの提供終了日を発表し、各種ブラウザでその日にkillbitを設定するよう求めるべき時が来た」と同氏はツイートで述べたという。続いて別のツイートで、「それがこれから18カ月後になるとしても、その日を設定することが、依存関係のもつれを解き、エコシステム全体を1度にアップグレードするための唯一の手段である」と付け加えたそうだ。
同プラグインはおよそ20年前に提供されて以来、現代のウェブを使用する上で重要な要素となっており、これまでに5億台を超えるデバイスにインストールされている。しかし同プラグインをめぐっては近年ハッカーによるエクスプロイトツールを使用したシステム、ネットワーク、企業への侵入を可能にする脆弱性が相次いで見つかっている。監視ソフト企業のHacking Teamは先週、ハッキングの被害に遭い400GB相当のデータが流出しているが、これによりFlash Playerのゼロデイ脆弱性が明らかになったとのこと。
新しい脆弱性が毎週のように発見され、Adobeがパッチを提供している。Adobeは2005年に、このプラグインの開発元を買収した。同プラグインの脆弱性が、主要な垂直業界をターゲットとするAPT攻撃の基盤となっているケースもあるそうだ。
世界的な複数のゲーム企業がこれまでにFlashプラットフォームを使用している。Facebookはこういった企業の知名度を向上することに助力してきた。
今後Flashに代わるプラグインが普及すれば、こうした被害も抑えられるかもしれない。

目の疲れを回復する食材

ここ数年、テレビやパソコンに加えてスマートフォンやタブレットの急速な普及により、ディスプレイを眺める時間が増えているという人も多いのではないだろうか?目を酷使している現代人にとって目がしょぼしょぼしたり、かすむといった疲れ目は珍しいことではない。
しかし疲れ目を放置してしまうと頭痛や肩こりなど他の健康状態にも影響を及ぼしかねない。そんな疲れ目を回復する食材があるのだそうだ。

・アサイーベリー
視力回復に良い食材と言えばブルーベリーを思い浮かべる人も多いと思うが、アサイーベリーには目に良いとされるアントシアニンがブルーベリーの何倍も含まれている。他にも豊富な栄養が含まれているので健康のために摂取すると良いのだという。

・青魚
青魚に含まれるDHAやEPAが血液の流れをサラサラにし、血流を良くしてくれるので目の筋肉の運動量を改善し、目の働きを良くしてくれるそうだ。

・黒酢
黒酢は血管のつまりを防ぐ血液洗浄食とも言われているそうだ。目は血液の流れが悪くなることによって疲れ目や視力の低下にも繋がるので、黒酢を定期的に飲んで血液の流れを促進させると良いとのこと。

・ナッツ類
アーモンドやピーナッツなどのナッツ類はビタミンEが豊富。ビタミンEもまた血行の流れを良くし、目の老化を防止してくれるそうだ。

こうした食材を取り入れたり、肩回りのストレッチをするなどして血流を良くしたり適度な休憩を取って目を休めることが大切だ。

ミスド発!クッキーとベーグルが合わさったもっちりスイーツ!

毎月、さまざまな新商品で私たちを楽しませてくれるミスタードーナッツ。
この度、ミスタードーナツは、4月9日から「ブルックリン メリーゴーランド」という4種を期間限定で発売することを発表しました。

「ブルックリン メリーゴーランド」ってなに?ニューヨークのお菓子?
「ブルックリン メリーゴーランド」とは、トッピングや見た目が華やかでとても可愛らしいミスタードーナツオリジナルのハイブリッドスイーツです。
クッキーの生地とベーグルの生地を何層にも重ね合わせ、生地をねじりながらリング状にすることによって、ザクザクとした面白い食感ともっちりとした食感が組み合わさった、新食感のスイーツです。
ブルックリン メリーゴーランドキャラメルアーモンドは、キャラメルグレーズでコーティング。その上にスライスアーモンドをトッピングして、ホワイトチョコで可愛くデコレーション!
ブルックリン メリーゴーランドチョコレートナッツは、チョコレートでコーティング。アーモンドをトッピングして、ホワイトチョコで可愛らしくデコレーション。
ブルックリン メリーゴーランドグリーンティ&ブラウニーは、和テイストの抹茶チョコでコーティング。その上にはブラウニーをトッピングして、ホワイトチョコでデコレーション!
ブルックリン メリーゴーランドプレーンは、食感や美味しさをそのまま味わった後、メープル入りシロップをつけて食べてみてください。

ダルビッシュ右肘じん帯損傷

日本が誇るピッチャー、テキサスレンジャースのダルビッシュ有。そのダルビッシュ有が右肘じん帯損傷をした。
手術をするのか、ヤンキースの田中将大と同じ治療法を選ぶのかは、11日に決定する。メジャーでも絶好調だったダルビッシュだが、今季の開幕戦はほぼ絶望的。今シーズンの活躍自体も危うくなっている。原因はメジャーと日本のスタイルの違いにある。日本は中6日で次の登板が回ってくるのに対して、メジャーは中4日のシステム。当初からそのシステムに苦言を示していた。ダルビッシュが中6日で投げていたら、サイヤング賞(最優秀投手のこと)をもらえていたという指摘もある。田中将大も同様のように、日本からメジャーに渡ると、異なる環境が原因で怪我をしてしまう選手が非常に多いことも以前から指摘されていた。かつて、松坂大輔も同じように右肘じん帯損傷し、手術を受けている。果たして、ダルビッシュの今シーズンの登板を見ることは出来るのだろうか。

夜食べるだけで痩せ体質

夜に食べるだけで、身体が痩せ体質になる食材をご紹介します。
みなさん、楽して痩せたいって思いますよね。激しい運動は嫌だし、できるだけ好きなものを好きなだけ食べたい。
そんなあなたにおススメのダイエット法があります。それは魔法の食材を食べること。
こちらでは食べるだけで、痩せ体質にになっちゃう食材をご紹介します。
まずお勧めなのが、バナナです。バナナに含まれているアルギニンは成長ホルモンを活性化させる働きがあります。これによってアンチエイジングや脂肪の燃焼効果が得られるのです。次にお勧めする魔法の食材は、ヨーグルトです。朝食べがちののヨーグルトですが、実はヨーグルトは夜に食べたことのいい食材なのです。消化が落ちる就寝時に整腸作用のヨーグルトを食べることによって、乱れがちな便通をスムーズに排出してくれます。あなたもこれらの食材を夜に取り入れて、効果的なダイエットをしてみてはいかがですか?

ひっつき虫

ひっつき虫、くっつき虫と呼んでいた人も多いかもしれない。子どもの頃空き地などの草むらで遊んでいると、いつの間にか服にくっついていた植物の種のことだ。色々な種類があるが、その中でも有名なのが「オナモミ」だ。そのオナモミ、絶滅危惧種に指定されているらしい。環境省が決定する絶滅危惧種には、「絶滅の危機に瀕している種=絶滅危惧種Ⅰ類」と「絶滅の危険が増大している種=絶滅危惧種Ⅱ類」の2つがある。オナモミはⅡ類として掲載されている。その背景には外来種のオオオナモミの存在があるという。環境省のホームページに掲載されている「要注意外来生物リスト」でオオオナモミに関しては、

・河川敷や牧草地などへ侵入するため、河原に固有な在来種や牧草への競合・駆逐の恐れがある。

・牧草地に侵入すると家畜に有毒であり、総苞の付着による羊毛の品質低下も問題になっている。

・侵入経路や分布拡大のメカニズムを把握し、効果的な防除方法や分布拡大の抑制策の検討が望まれる。

とある。オオオナモミの実にはオナモミよりもずっと多くの棘が出ていて毛が少ないらしい。静岡県の富士市ではオオオナモミが増えた一方、オナモミはめったに見られなくなったそうだ。地区によっては既に絶滅してしまっているところもあるようだ。もしかしたらオナモミだと思っていたものは、実はオオオナモミだったのかもしれない…。

メニエール病とは

アイドルグループ、タッキー&翼の今井翼さんがこの度「メニエール病」と診断された。メニエール病とは聞きなれない病気だが、いったいどんな病気なのだろうか。メニエール病とは平衡感覚をつかさどる、三半規管の病気。幾度と度重なるめまいなどの症状を起こし、立ち上がるのも困難。また、症状が重いと吐き気がおさまらず、しばらくの間は安静、入院が必要となる。原因としては、過度のストレスも考えられる。今井翼さんは入院し、しばらくの間、休養するという。しかし、来月の10日には、大阪でのコンサート、13、14日には横浜でのコンサートを予定している。一日でも症状がよくなることを願う。

カテゴリー
お気に入り